フォト
無料ブログはココログ

« 私の今日の食事(7月18日) | トップページ | 私の今日の食事(7月19日) »

2013年7月18日 (木)

○「西瓜糖」初めての手造り・浮腫(むくみ)の常備品

こんにちは。
初めて、「西瓜糖の手造り」に挑戦し楽しみました。
浮腫(むくみ)には西瓜に塩を付けて食べると利尿作用により改善することを聞かされていました。腎臓病、肝臓病、心臓病、妊娠中のむくみなど、いろいろなむくみ、体の熱を取り去る働きがあり暑気あたりに効果があるそうです。(熱中症の予防にもOKです。)
西瓜は夏の収穫時期だけ利用できますが、1年中利用するためには「西瓜糖」の利用をすると良いそうです。そこで家庭の常備薬として、優しい甘さの美味しい「西瓜糖」の手造りに挑戦となりました。但し糖尿病の方は医師にご相談ください。

西瓜の成分と薬効
果肉
の色素にはリコピン、カロチンがあり、アルギニン、シトルリン、の利尿作用、血圧を下げるカリウムなど腎臓にやさしい加糖が多く含まれているとのことです。
種子には発芽のためのミネラル、リノ-ル酸、グログリンタンパクが含まれていますので動脈硬化の予防に、漢方では強壮、止血、のどの痛みなどを取る薬効があるそうです。
果皮には歯痛止め効果があるそうです。

原料:山形県尾花産の西瓜を丸ごと全部使用しました。
1.糖度の高い小西瓜2.5kg 2個 1,760円
Photo_3

2.圧力鍋で加圧1分。
Photo_5

3.量が半分になったようです。
Photo_2

4.全部をミキサ-にかけ、目の荒いステンざるで種子を裏ごしで取り除き鍋に戻します。
Photo_4

5.煮詰め行程・焦がさないようにしゃもじ鍋底をこすります。
沸騰してしばらく煮詰め作業を続け火を消し自然に水分を蒸発させました。
ジャムのような状態まで煮詰めました。
この行程を急がず3日間繰り返しました。(猛暑で火の近くにいたくありませんねっ!)
「西瓜糖」は優しい甘さで美味しい家庭常備薬です。
Photo_6
 

6.出来上がった「西瓜糖」を450g入瓶詰め3本半の量で 約1550g
市販で450g入 1本 9.000円以上で販売していました。高価なんですねっ!!

ちなみに、私の場合は「西瓜糖」450g入りの原価は511円、450g入りの瓶の取得価額は65円で、直接的な費用は576円になりました.。これに光熱費、加工時間費を加えても
1,000円位の手造り原価ではないかと思われます。市販の「西瓜糖」はなんと、どん欲な、ぼろ儲けをしていますねっ。「西瓜糖」手作りに限るようです。
西瓜が入手可能な内に「西瓜糖造り」を続けたくなりました。
Photo_9

7.ラベルを印刷、貼り付けしました。
Photo_7

8.「西瓜糖」は1日朝夕の2回ティ-スプ-ン1杯づつを目安に摂取すると良いそうです。

« 私の今日の食事(7月18日) | トップページ | 私の今日の食事(7月19日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ○「西瓜糖」初めての手造り・浮腫(むくみ)の常備品:

« 私の今日の食事(7月18日) | トップページ | 私の今日の食事(7月19日) »