フォト
無料ブログはココログ

« 私の今日の食事(4月4日) | トップページ | 私の今日の食事(4月5日) »

2012年4月 4日 (水)

○手造り・夏みかんマ-マレ-ドMKⅡ

     ’12年度・手造り・夏みかんマ-マレ-ド
      
    
Special Homemade Jam for you  "Marmalade"
    「マ-マレ-ドはジャムの王様」

和歌山県紀州産の昔からの懐かしいとても酸っぱい、無農薬、有機栽培の夏みかんが届きました。「マ-マレ-ド」手造りには最も適した原材料です。
(映像はすべてクリックで拡大します。)
○この場合の原材料             
                  夏みかん14個 約5kg
                  果皮14個のアク抜き後:1840g、
                  果実7個のほろ取り除き後:1230g、(残りの7個はデザ-ト、サラダなど)
                  グラニュ-糖:2150g
                  蒸した時の蒸し液:400ml、
                  好みで:蜂蜜200ml
○出来上がり:450g入ジャム瓶詰 約12本!               

○作業工程

1.水洗い・14個 約5kg
Photo_2

2.石鹸洗い・いくら無農薬でも大気の汚れが付着していますから、純石鹸を使用して、て             いねいに優しく洗います。但し、合成界面活性剤の洗剤は毒ですから禁物です。
Photo_3

3.皮むき・果皮と果実を分けます。
Photo_4

4.アク抜きの準備・毎日水の交換をしながら、3昼夜の水漬け作業です。
     A.パスタを茹でる深い鍋を使用しています。

Photo_5

    B.水漬け中、果皮が膨らみ浮き上がり防止に、重しの代わりに、皿で押さえています。
Photo_6

   C.水漬け浮き上がりを完全に防止するため、鍋の蓋を紐で固定しています。
Photo_7

以上で、1日目の作業は終了です。

○2日目・アク抜き水漬け1昼夜経過後
   A.水を抜く前
Photo_11
    B.水を抜き後
Photo_12

  水を入れて2昼夜目へ。2日目の作業は終了です。

○3日目・アク抜き水漬け2昼夜経過後
 A.水抜き前
Photo_10
 B.水抜き後
Photo_11

  水を入れて3昼夜目へ3日目の作業は終了です。

○4日目・アク抜き水漬け3昼夜経過後。
  A.水抜き前
Photo_10

 B.水抜き後
Photo_11
 これで、アク抜き作業終了です。

5.夏みかんの果皮を柔らかくするためには圧力鍋で加圧時間2分間で蒸す方法が簡単      です。アク抜き作業から、蒸す準備です。
Photo_15

  圧力鍋は納豆造りの時に使用しているもので、容量は10Lです。
Photo_16

6.アク抜きした果皮を蒸す工程です。
Photo_17

  圧力鍋にガスを点火。
Photo_18

  加圧時間2分終了。
Photo_19

7.夏みかん果皮10個に対して1/2の果実5個のほろを取り除きました。
Photo_20

8.夏みかんマ-マレ-ドの材料は夏みかん果皮・果実・グラニュ-糖・蒸した時の蒸し   
  液を基本に好みで、蜂蜜を加えます。市販品は増量のため増粘多糖類、ペクチン、
  香料などを添加使用していますが、家庭の手造りは余分な物は添加しませんのでとて       も安全安心で美味しいです。
Photo_21

9.夏みかんメ-マレ-ドの煮込み作業です。
   A. 鍋に蒸し液400ml(ペクチンが溶けているので利用、水でも良いです。)と果実を    
         入れ加熱→
     B.果皮を加え→
     C.ひと煮立ち→
     D.グラニュー糖半分加える→
     E.加熱しながらしゃもじで鍋底をこすりながら撹拌→
     F.沸騰前に残りのグラニュー糖加える→
     G.煮立ちましたら、焦げ付かないように撹拌→
               Photo_8
     H.加熱時間を少なくするため、そのまま蓋をせず一晩置き余熱で水分の蒸発を待ち
          濃度を上げる→
      I.  翌日、好みの味をみながら、鍋底をしゃもじでこすりながら沸騰まで加熱→
     J.温度が下がりしゃもじが立つことの目安に濃度が良ければほぼ完成です。→
               Photo_9
    
        K.消毒したジャム瓶に詰める前に、マ-マレ-ドを焦がさないようにしゃもじで撹拌              し沸騰まで加熱処理消毒と仕上げ。
        果皮からのペクチンのとろみが出るまでの煮詰める作業ですが焦がさないよう
        集中して、しゃもじで鍋底をこするようにして、焦がすとマ-マレ-ド造りはこの工程             で断念しなければ成りません。失敗だからです。最も難しい工程です。
        煮込み中にしゃもじから手を、来客対応、電話対応、トイレ等で離れる時はガスを止
        め暫くしゃもじで鍋底をこすってから離れて下さい。

            ○夏みかんマ-マレ-ドのある風景
           Photo_10

      ○夏みかんマ-マレ-ドの瓶詰作業が済みました。
        当初の予定の450g入り12本、5400gが出来上がりました。
     Photo_6

これは、ほぼLIVEに近いので、次に加工が進みましたら、ご案内出来ると思います。      

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夏みかんマ-マレ-ドの大好きな子、孫、友人、知人が多く、追加の手造りを開始しました。 恒例の「人気の手造り・夏みかんマ-マレ-ド」のプレゼントに、幸い原材料が有りましたので、何回でも手造りする予定です。、
     Photo_14  

« 私の今日の食事(4月4日) | トップページ | 私の今日の食事(4月5日) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

マーマレード大変おいしかったです
〒の女子社員数人におすそわけしました
皆、完成度の高さに驚いておりました
見習いたいことばかりです
ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ○手造り・夏みかんマ-マレ-ドMKⅡ:

« 私の今日の食事(4月4日) | トップページ | 私の今日の食事(4月5日) »