フォト
無料ブログはココログ

« 私の社会探訪(上野恩賜公園とアメ横) | トップページ | 農薬・化学肥料不使用栽培の極小粒大豆の手造り納豆  »

2010年9月14日 (火)

○私のスプラウト水耕栽培・貝割れ大根(畠はキッチンシンクの棚)

こんにちは。

今年は夏が猛暑続きで、水耕栽培の貝割れ大根は高温の栽培が不向きでしたが、

気温、湿度が下がり開始しました。訳の分からないサプリメントよりは確かな

安全、安心の栄養源 「貝割れ大根」を手軽に育てる面白さ、楽しさは如何

でしょう。

容器はにぎり寿司のトレイの再利用、土はキッチンペ-パ-4枚かさね、発芽

までの暗箱用の空き箱、水耕栽培ですから、夏3回以上、春は2回、冬は1回水を

交換又は補充でOKです。

ただし、全ての利用の「貝割れ大根」はサラダ、刺身、焼き肉などに添え、

生食ですから、成功も失敗も、栽培者が常に衛生的に対応して下さい。

☆スプラウト・「貝割れ大根」水耕栽培のための種、栽培用の器具一式。

①種45g、②計り、③水漬け用のボ-ル、④水漬け後洗浄用のざる、⑤握り寿司のトレ-、

⑥トレ-を消毒する「消毒用エタノ-ル」、⑦キッチンペ-パ-、⑧種蒔用スプ-ン

⑨発芽させるための暗箱用のamazonの本購入の空き箱利用。

Sprout

100909 貝割れ大根の種蒔き時0日目

種を水漬け2~3時間後、優しく丁寧に、ざるで水洗い後、

消毒用エタノ-ルで消毒した寿司用トレ-に

キッチンペ-パ-4枚を重ねを敷き、水を含ませて、

スプ-ンの底のカ-ブを利用して優しくならします。

Photo_4

100910 貝割れ大根の種蒔き後1日目

Photo_7  

109011 貝割れ大根の種蒔き後2日目。

Photo_7

100912 貝割れ大根の種蒔き後3日目。

Photo_11

100913 貝割れ大根の種蒔き後4日目。

Photo_8

100914 貝割れ大根の種蒔き後5日目。

Photo_9 

100914 貝割れ大根の種蒔き後5日目 キッチンシンク上の棚ですが、

       必要な量だけ収穫して利用します。

       利用ですが、スプラウトはその植物の発芽状態は最も栄養価が

       濃縮された野菜ですから、少量の利用でも成長した時よりビタミン、

       ミネラルが10倍ぐらい豊富だそうで、一つまみで、成長した一束に

       相当する量だそうです。

Photo_12

100915 貝割れ大根の種蒔き後6日目

Photo_7

       成長が早いときは食べきれませんので、

       1回分毎にラップし根の部分を水でしめらしコップに入れ、

       冷蔵庫の野菜入れに入れ保存(5日間位OK)。

       ☆一つまみの貝割れ大根を口に入れ、良く噛みしめると

        ピッリとした気持ちの良い「辛さ」で、美味しいですね!!

       ☆水耕栽培畠のトレイが空いたら、次の貝割れ大根の種蒔きの用意です。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆           

10日位先に、来客が予想されたときは、多めに種蒔きして備えると、

おもてなしに重宝します。

Photo_18

本購入の包装箱の廃物利用(リサイクル)で、発芽を促進させ、トレ-の上の縁まで

成育させるめの暗箱の代用にしています。

Photo_19

暗箱代用の育成箱は3段重ねにし、朝夕水やりをスプ-ンで 優しくやります。発芽熱が出た場合には多めに水やり、毛細根を守るため冷やします。

Photo_20

種蒔き後2日目。

Photo_4

種蒔き後3日目。

Photo_5

種蒔き後4日目。
Photo_3

種蒔き後5日目。
Photo_4

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

○ルビ-貝割れ大根(種蒔後7日目)夏に向かっては水耕栽培には暑さに強そうです。

味合いは甘味があり肉質は柔らかいです。(110427朝キッチンシンクの上の畠)

(全ての映像はクリックで拡大します。拡大した映像の右上の×印をクリックで戻ります。)

7

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2014/08/09
スプライト・水耕栽培「かいわれ大根」:夏の猛暑時の栽培は最も困難な季節です。
握り寿司用トレ-の栽培中の「貝割れ大根」は朝昼夕夜の水耕の水は温度が最大23℃以下に保たなければ傷んでしまい生育が止まり「根と栽培水」が駄目になります。
水耕水は温度を下げなくてはなりませんので全量の冷却のため日に少なくても5回は実施して解決かどうかです。
夏は9,000円程の「冷温庫」を利用しています。大気の温度に対して19~20℃差の範囲内で20℃以下を設定しています。いつも5℃設定で、構内が14℃を表示しています。このときの室温は31℃でした。この場合の冷温庫の温度の差異は17℃でしたが猛暑の高温からは「スプラウト水耕栽培のかいわれ大根」は水耕栽培(23℃はクリア-)が充分可能でした。この冷温庫の使用を工夫次第で「手造り納豆、手造りヨ-グルト、手造り甘酒」に応用使用が可能です。

Photo_2

2014/08/09 種蒔き後7日目。(毎日、朝夕水耕の栽培水は全量交換の状態です。)
夏の猛暑は乗り切れています。ワン太君の今日の食事をご覧ください。

Photo_3

« 私の社会探訪(上野恩賜公園とアメ横) | トップページ | 農薬・化学肥料不使用栽培の極小粒大豆の手造り納豆  »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私の社会探訪(上野恩賜公園とアメ横) | トップページ | 農薬・化学肥料不使用栽培の極小粒大豆の手造り納豆  »